パートナーが離婚に応じないときには|別れさせ屋に協力を依頼しよう

準備する

メンズとレディ

必要な資料

探偵が行う浮気調査は、大前提として調べる対象の資料を依頼人が用意しなくてはいけません。その情報まで探偵にまで求めてしまうと、調査にかかる費用がかなり大きくなってしまいます。基本的に、探偵の浮気調査の調査レベルは非常に高いです。きちんとした情報があれば平均して3時間程度で調査を終えてくれるため、非常に格安の値段で依頼を請け負ってもらうことも可能です。浮気調査をしてもらう相手の名前や顔写真、浮気相手の当事者が誰かもわかっている場合にはその情報も提供しておけばさらに良いです。浮気調査は、対象となる人物が浮気をしている現場を抑えないと意味がありません。そのため、当事者がわかればそれが一番良い情報となるのです。

時間を逆算して考える

浮気調査に必要になる費用は、調査にかかる時間から逆算すれば簡単に計算できます。探偵は、調査をするときに様々な諸経費を支出します。浮気調査の場合は、相手を尾行するための交通手段が必要になりますし浮気をしている現場の写真も必要になります。浮気現場の写真を撮るためには高性能なカメラを準備しなくてはいけないため、それを用意するためのお金がかかります。こうした諸経費に加えて、探偵の費用は時間を費用の基準として考えているため時間がかかるほど大きな金額が必要になるのです。仮に、3時間程度で調査を終えることが出来れば5万円未満の費用で済みますが1日調査に時間をかけるとその10倍の費用は必要です。そのため、効率よく調査するためにも資料は依頼人の方で準備しましょう。